交渉術で問題解決

土地トラブルの交渉 - 交渉術で問題解決

交渉術で問題解決 > 土地トラブルの交渉

土地トラブルの交渉

土地に関するトラブルを解決したいときにはどのように交渉するのがいいのでしょうか?
たとえばよくあるケースとして土地境界線に関することがあげられますが、これはまず正しい知識を身につけることが大切になります。
なぜならどこまでが自分の土地でどこからが相手の土地なのかをきちんと把握しておけば、交渉時に伝えたいポイントも明確になりますのでトラブルにもならないからです。

一番手っ取り早い方法は測量をしてもらって、自分の土地の範囲を知りその後相手にそれを伝えることです。
そもそも塀の位置が土地境界線という概念はあまり適切ではなく、素人には判断しにくい部分もありますし、土地を売却する際にではなくあらかじめ正しい境界線を知っておくほうがその後の交渉も楽になるでしょう。
また自分の土地に塀が入り込んでいる場合に限らず、屋根が入っている場合でもこちらの土地に入ってきてしまっていることになりますので、その際には補修工事をしてもらうように伝えてください。
どうしても交渉がまとまらない場合は将来的に土地を明け渡す際には壊すことを書面で残す、あるいはオーバーしてもらっている分のお金を負担してもらうという対応をするといいでしょう。

住宅街では家が密集している分土地境界線のトラブルは起こりやすいですから、できれば土地を購入する段階で自分の土地がどこからどこまでか調べておくことをおすすめします。
最後に交渉に応じてもらえないときには間に弁護士などを入れて法的に解決する方法もありますので、最終手段として選択肢に入れておいてください。

top