交渉術で問題解決

交通事故後の交渉 - 交渉術で問題解決

交渉術で問題解決 > 交通事故後の交渉

交通事故後の交渉

自動車を運転している人にとってもっとも怖いことは何かと聞かれれば、ほとんどの人が事故を起こすことについて述べるのではないでしょうか?
ドライバーにとって交通事故を起こすというのはただ金銭的な負担が大きくなるだけでなく、社会的信用の低下や精神的な面での影響などいろいろなマイナスポイントがあります。
ですから自動車を運転する人はまず安全運転を心がけるべきですし、飲酒運転等法律違反に該当する運転は絶対にしないように肝に銘じておかなければなりません。

しかしどんなに気をつけていても事故を起こしてしまう可能性は誰にでもあります。
もし自分が交通事故を起こしてしまった場合、その後のトラブルに発展しないための交渉はとても大切になります。
ドライバーの皆さんは万が一のことも想定して、トラブルを回避する交渉とはどのようなものなのか知っておいてください。
それではここから交通事故を起こしてしまったときの交渉のポイントをお伝えしたいと思います。

まず大切なのが安易に示談交渉に応じないことで、これはそこで認めてしまえば自分に非がない部分にも責任を負わされる可能性があるからです。
もしすぐに示談交渉を持ちかけられても冷静になって保険会社と連絡を取ってから話しましょうと伝えてください。
そして理由もないのに謝らないことも重要な部分で、こちらも何が自分の落ち度だったのかはっきりしてから誠意を持って謝ればいいのです。
この2点は示談交渉を行う際にとても重要になりますので、精神的にパニックになりそうな場面でも一旦落ち着いてしっかり対応しましょう。

top