交渉術で問題解決

賃貸の交渉 - 交渉術で問題解決

交渉術で問題解決 > 賃貸の交渉

賃貸の交渉

賃貸を借りる際にはまず不動産屋へ行ったり、インターネットで賃貸情報を調べて気に入った物件を見せてもらい、そこで納得できたら契約するという流れが一般的ですが実はこのやり方はすごくもったいないことなのです。
賃貸を借りるときに必ず提示される敷金や礼金、そして家賃ですが、これらのお金は同じ物件に入る場合でもすべての人が同じ金額を支払っているわけではありません。
賃貸を借りる際にうまく交渉すればこれらのお金は安くなることも多いので、成功すれば引越し時の負担も減らすことができます。
それでは賃貸を借りる際の交渉はどのように進めていけばいいのでしょうか?

まず賃貸の交渉と聞くと、かなり難しそうなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実はやることはひとつだけです。
それは「値引きできるかを担当者に聞くこと」の一点で、聞くか聞かないかだけの問題なのです。
運がいいと不動産屋のほうから値引き交渉ができるかもしれないと言ってくれますが、すべての担当がそういうわけではありませんので、積極的に自分から聞いてみるほうがいいでしょう。
もちろんすべての物件が値引き交渉可能なわけではありませんし、値引き交渉のしやすい物件とそうでない物件が存在します。

値引き交渉しやすい物件とは空室状況が3ヶ月以上続いているところや、低層階にしか空室がない物件、また新生活シーズンなど繁忙期に入ってもなかなか部屋が埋まらない物件です。
逆に交渉しにくい物件とはこの逆を行くところで、黙っていても入居者が入ってくるところはわざわざ値引きする必要もないので難しいでしょう。

top